光脱毛できれいに仕上げるコツとは

光脱毛は光を当てるだけでムダ毛を処理できる画期的な方法です。

契約をして予約日に行けばそれだけで簡単に脱毛できると思ったら大間違い、確かに光を当てるのは専門家ですが、きれいに肌を仕上げるには受ける側にもコツがあるのです。
まず一つ目のコツは肌をきれいに保つこと、特に脱毛期間中は肌が乾燥するのでこまめに保湿をすることです。

光がダメージを与えるのは毛母細胞ですが、熱処理の家庭で皮膚が乾燥してしまいます。

肌は乾燥が進むと敏感肌になる危険性があるので、注意が必要です。

新宿の脱毛のことならこちらのサイトが便利です。

二つ目のコツは施術期間中に日焼けをしないことです。


黒い色に反応する光は肌内部のメラニン色素にも反応してしまいます。

つまり日焼け後のメラニンが大量発生した肌に照射すると肌内部のメラニン色素に反応してやけどなどの恐れがあるからです。

そこで脱毛期間中は日焼けをしないようにUVケアは怠らないことです。三つ目のコツは体調不良の時の施術はやめることです。



せっかくの予約を無碍にするにはもったいない気持ちはわかりますが、体調不良で施術を受けて肌トラブルが起こっては元も子もありません。そうならないように少しでも体調に不安がある際は施術は受けないことです。
特に注意したいのが生理中です。
サロンによっては自己責任で生理中でも施術OKとしているところもありますが、ホルモンバランスが崩れているので基本的におすすめできません。よほど大丈夫という自信がない限りは、予約はキャンセルして取り直すべきです。

カミソリや毛抜きを使った自己処理は面倒ですし、長年続けることで肌を傷めるので、エステなどで処理する人が増えています。

中でも脇脱毛後に脇汗が増える人がいますが、原因は何でしょうか。


そもそも脱毛後に現実的に増えたのではなく、そのクッションの役割を果たしていた脇毛がなくなったことで皮膚に直接流れるようになります。

それによって増えたように感じるだけがほとんどなのです。しかし本当に増える人がおり、それらの人には特徴があるようです。

汗というのは体温調節のために分泌されるものですが自律神経と大きく関わっているので、極度に緊張したりストレスを感じたりすると本来の目的とは別に多く分泌されることがあるのです。

緊張すると手のひらに汗をかくことがあるでしょう。

これも体温調節が目的ではなく、緊張によって自律神経が乱れたからです。

脱毛によって汗が増えるという噂を信じて脇にばかり意識が行くことで本当に大量に分泌されることがあるのです。

つまり、噂など人の意見に流されやすい人がこういった悩みを持つことが多く、脱毛したこと自体も忘れてしまうような人の方が悩まされないのです。


つまりこれを治すには意識を脇に行かないようにすればいいのです。

これによってだおおよそ抑えることができます。

また、現実問題として脇毛がなくなったことで、服に付着してしまいます。

みっともないですし、そのままでは雑菌が繁殖して臭いの元なので、脇汗パッドなどを利用するといいでしょう。


脱毛の歴史は古く、紀元前4000年前には既に脱毛剤が作られていたとも言われています。例えば、古代オリエントの女性たちは硫黄や石灰を水で練ったものを使用していました。

また、日本の歴史においても、平安貴族の女性たちが額の形を整えるために額の毛を抜いていたという記録があります。


近代になると、永久脱毛を目指した試みがなされるようになりました。
その方法は、毛穴に炎症を起こさせたり、硫酸を塗ったりするなど、刺激の強すぎるものが多く、多くの場合は肌を傷つけてしまう結果となりました。

このような歴史を経て、20世紀以降には、肌を直接傷つけにくい方法の開発を目指し、電気や光を使った方法が試されるようになります。はじめに行われたのは、X線を使った方法でしたが、X線によって肌に傷ができるなどの副作用が生じたほか、施術後数十年して皮膚がんができるなどの問題が多発し、使用は中止されました。

その後、1980年代になると、医療の様々な分野でレーザーが用いられるようになり、この技術が脱毛にも応用されるようになりました。


このレーザー脱毛は、現在主流となっている方法のひとつで、黒い色素に吸収されるレーザーを照射することにより毛や毛根の周囲の細胞を破壊し、毛を抜くという方法です。

この方法は、美肌効果が期待できることや、少ない施術回数で完了できること、痛みが少ないことなどのメリットがあることから、人気を集めています。
また、最近では、レーザー機器が従来に比べて安価になったことによって施術代の低価格化が進んでおり、施術を受ける人は今後さらに増えていくことが予想されます。
予防接種と言えば、ほとんどの方がインフルエンザをすぐに思い浮かべるでしょう。

早い人は10月の半ばごろから接種されますが、インフルエンザに限らず接種後の脱毛は禁忌(禁止)となっています。

驚かれたかと思います。
なぜ禁止なのでしょうか。例を挙げると、インフルエンザ予防接種とは、インフルエンザに罹らないように、前もってインフルエンザウイルスをやっつける武器(抗体)を体内に埋め込んでおきます。

そうすると免疫反応のため体が熱を発したり、体調が少し不安定になったりします。

個人差もありますが、これが数日間続きますので、皮膚の状態もやや不安定になっています。



ですからこの期間中に脱毛を施すと、場合によっては皮膚が炎症を引き起こしたり、体調不良(吐き気や腹痛、まれに蕁麻疹)になったりしますので、脱毛専門店では予防接種後の約10日間は処置を行っていません。

脱毛を施してもらう前に、体調変化や服用薬やアレルギーなどについて事細かく訊いてきますが、問診覧にも接種のことが必ず記載されています。
それくらいお店側は注意を払っています。インフルエンザに限らず、予防接種を行った後、激しい運動や献血を控えたりするのは以上の理由からです。

もし予防接種と脱毛をお互い近い期間に実施するようであれば、専門店のスタッフや医師に相談してみてはいかがでしょうか。

おそらく接種を優先すると思いますので、接種日を決めておいてから専門店にお伺いするといいでしょう。脱毛後の過ごし方については特に注意をしなければなりません。


脱毛後はどうしても肌がデリケートになっており、ちょっとした体温の変化によっても肌トラブルが生じることがあるからです。
では、どうしてお酒を飲むと肌トラブルなどが生じるようになっているのでしょうか。まず、お酒を飲みますと血行がよくなり体温が上昇しますよね。

実は、これが脱毛後のお肌には良くないのです。飲酒により体温が上昇してしまうと、脱毛後の肌に赤みが生じたり、あるいは痒みが生じたりします。

これらはすべて、飲酒をすることで血行が良くなるために起こることなのです。

脱毛後、どのくらい飲酒は控えるべきなのかというと、これはそこまで長くなく、数日くらいの禁酒で十分です。
また、施術の前でも飲酒は控えなければなりません。


これはどうしてなのかというと、これも血行の問題で、赤みや痒みが生じることがあるからです。


施術前にアルコールが分解されずに残っていると、そのまま結構も良い状態なので赤みや痒みが施術後に生じる原因となるのです。


前日、そして施術前の飲酒は絶対に避けるようにしましょう。


お酒を適度に飲むというのは血行を良くするため体に良いとされていますが、それが仇となる場合もこのようにあるのです。


是非とも、施術前後については絶対にお酒は控えて、安静にして過ごしましょう。